ただの派遣じゃなく...
一緒に働いて
一緒に将来設計をしよう

動画でわかるジョブアップ派遣

動画再生

近年では「自分らしく働く」という考え方が浸透しつつあり、多様な働き方が認められてきていますが、雇用が安定していないのも事実。

キャリアアップして自らの力で転職·就職ができるよう支援をしたい。
そんな想いから「ジョブアップ派遣」が立ち上がりました。

「理想の将来像を描き、それを実現するための仕事・職種・働き方は何かを考え、 それに基づいたゴール(目標)と進むべき道(行動指針)を打ち立てる」
こちらを当社の担当と一緒に描いていきます。
キャリア設計をして、自分の目指す姿を一緒にサポートしてまいります。

お仕事が決まった皆さまにジョブアップの派遣社員として、ビジネスマナーの基礎研修を実施いたします。
社会人経験の有無を問わず、【経営理念】【挨拶】【話し方】【電話対応】など当社スタッフとして皆さまが活躍できる環境を整えておりますのでご安心ください。

契約更新のタイミングで事前にご自身で設定していただいたキャリア設計に基づき、現在の状況や課題に関して、 どう対応していくのか、これからどうしていくのかなど、当社担当がヒアリングいたします。
また、ご希望された将来設計に少しでも近づけるよう、とことん寄り添ってまいります。

Shimosaka

大学卒業後、セールスで2社経験後、 ジェイコム株式会社(現ライクスタッフィング)にて人材サービスに携わる。
その後、経験を活かし、お仕事ハウスの立ち上げの責任者として従事。
人材業界約10年、合計2,000人以上のサポート実績を持つ。

Koji

オフィス系・介護系・アミューズメント系の人材業界でトータル1,500名の方のキャリア相談を実施。
様々な方の人生に携わっていく中で、悩みも人それぞれであることに気付き、寄り添ったサポートを第一に考えることを大切にしている。

また、教育担当の経験からビジネスマナーにも精通しているため、企業で働く基礎的なビジネスマナーの教育も実施。

基礎研修編
キャリア設計編
フォロー編

※画像をクリックして拡大表示

ただの派遣じゃなく...
一緒に働いて
一緒に将来設計をしよう

動画でわかるジョブアップ派遣

背景

近年では「自分らしく働く」という考え方が浸透しつつあり、多様な働き方が認められてきていますが、雇用が安定していないのも事実。

キャリアアップして自らの力で転職·就職ができるよう支援をしたい。
そんな想いから「ジョブアップ派遣」が立ち上がりました。

「理想の将来像を描き、それを実現するための仕事・職種・働き方は何かを考え、 それに基づいたゴール(目標)と進むべき道(行動指針)を打ち立てる」
こちらを当社の担当と一緒に描いていきます。
キャリア設計をして、自分の目指す姿を一緒にサポートしてまいります。

お仕事が決まった皆さまにジョブアップの派遣社員として、ビジネスマナーの基礎研修を実施いたします。
社会人経験の有無を問わず、【経営理念】【挨拶】【話し方】【電話対応】など当社スタッフとして皆さまが活躍できる環境を整えております。

契約更新のタイミングで事前にご自身で設定していただいたキャリア設計に基づき、現在の状況や課題に関して、
どう対応していくのか、これからどうしていくのかなど、当社担当がヒアリングいたします。
また、ご希望された将来設計に少しでも近づけるよう、とことん寄り添ってまいります。

Shimosaka

大学卒業後、セールスで2社経験後、 ジェイコム株式会社(現ライクスタッフィング)にて人材サービスに携わる。
その後、経験を活かし、お仕事ハウスの立ち上げの責任者として従事。
人材業界約10年、合計2,000人以上のサポート実績を持つ。

Koji

オフィス系・介護系・アミューズメント系の人材業界でトータル1,500名の方のキャリア相談を実施。
様々な方の人生に携わっていく中で、悩みも人それぞれであることに気付き、寄り添ったサポートを第一に考えることを大切にしている。

基礎研修編

キャリアサポート編

フォロー編

「人材派遣」とは、企業に対してある業務を遂行する人材(派遣スタッフ)を定められた期間、派遣します。
雇用主は人材派遣会社であり、人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で働きます。
業務に関する指示は派遣先から受け、給与は人材派遣会社から受け取ります。
2015年9月30日の派遣法改正により、すべての派遣契約には「派遣先事業所単位の期間制限」と「派遣労働者個人単位の期間制限」の2つの期間制限が適用されるようになりました。
この改正により、派遣先の同一の事業所は、3年を超えて派遣スタッフを受け入れることは原則できません。
派遣禁止業務(適用除外業務)として、以下の5つが指定されています。


・港湾運送業務

・建設業務

・警備業務

・病院・診療所などにおける医療関連業務

・弁護士・社会保険労務士などの士業
派遣と請負は勤務先企業と労働者との間に「指揮命令関係が生じるかどうか」で変わります。

派遣の場合、派遣社員は派遣会社に雇用されます。
この派遣社員は、派遣先の指揮命令を受けます。

請負の場合、発注先(勤務先企業)と請負会社との間の取引です。
発注先(勤務先企業)は労働者に指揮・命令ができず、労務管理をする必要がないです。
もし、請負社員に業務上の指示を出した場合、請負法違反となります。
複数の派遣会社に登録することは可能です。
派遣会社によってそれぞれ強みや特徴が違うため、自分の今後のキャリアに合わせた派遣会社を選ぶことがベストです。
正社員として就業中の方であっても、派遣会社に登録して、仕事を紹介してもらうことは可能です。
ただし、「副業をして良いかどうか?」の判断は、就業先の会社の社則によって判断されるものであり、現在お勤めの会社への確認が必要となります。
派遣元と雇用関係のある派遣労働者を受け入れた企業が、自社の業務に就かせることなく、更に別の企業へ派遣労働者を派遣する行為です。
二重派遣として職業安定法第44条に違反した場合、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金が適用されます。(職業安定法第64条)
労働基準法では、「法定労働時間は1日8時間、週40時間まで」と定められており、派遣社員にも適用されます。
つまり、派遣社員でも残業をすればその分の賃金は支払われます。
労災保険への加入は、事業主や労働者の意思にかかわらず、原則、労働者を一人でも雇用するすべての事業主に義務付けられています。
派遣労働者であれば派遣元に義務付けられています。
したがって、業務災害や通勤災害にあった際には、労災保険の補償の請求が可能です。
派遣社員は原則、契約期間中の退職ができません。
派遣会社と結んだ契約で契約期間が明示されているため、その契約を交わした以上、契約期間を無視することは認められません。
ただし、やむを得ない理由がある場合のみ、契約期間途中で退職することができます。(民法628条)
「人材派遣」とは、企業に対してある業務を遂行する人材(派遣スタッフ)を定められた期間、派遣します。
雇用主は人材派遣会社であり、人材派遣会社と雇用契約を結び、派遣先の企業で働きます。
業務に関する指示は派遣先から受け、給与は人材派遣会社から受け取ります。
2015年9月30日の派遣法改正により、すべての派遣契約には「派遣先事業所単位の期間制限」と「派遣労働者個人単位の期間制限」の2つの期間制限が適用されるようになりました。
この改正により、派遣先の同一の事業所は、3年を超えて派遣スタッフを受け入れることは原則できません。
派遣禁止業務(適用除外業務)として、以下の5つが指定されています。


・港湾運送業務

・建設業務

・警備業務

・病院・診療所などにおける医療関連業務

・弁護士・社会保険労務士などの士業
派遣と請負は勤務先企業と労働者との間に「指揮命令関係が生じるかどうか」で変わります。

派遣の場合、派遣社員は派遣会社に雇用されます。
この派遣社員は、派遣先の指揮命令を受けます。

請負の場合、発注先(勤務先企業)と請負会社との間の取引です。
発注先(勤務先企業)は労働者に指揮・命令ができず、労務管理をする必要がないです。
もし、請負社員に業務上の指示を出した場合、請負法違反となります。
複数の派遣会社に登録することは可能です。
派遣会社によってそれぞれ強みや特徴が違うため、自分の今後のキャリアに合わせた派遣会社を選ぶことがベストです。
正社員として就業中の方であっても、派遣会社に登録して、仕事を紹介してもらうことは可能です。
ただし、「副業をして良いかどうか?」の判断は、就業先の会社の社則によって判断されるものであり、現在お勤めの会社への確認が必要となります。
派遣元と雇用関係のある派遣労働者を受け入れた企業が、自社の業務に就かせることなく、更に別の企業へ派遣労働者を派遣する行為です。
二重派遣として職業安定法第44条に違反した場合、1年以下の懲役又は20万円以下の罰金が適用されます。(職業安定法第64条)
労働基準法では、「法定労働時間は1日8時間、週40時間まで」と定められており、派遣社員にも適用されます。
つまり、派遣社員でも残業をすればその分の賃金は支払われます。
労災保険への加入は、事業主や労働者の意思にかかわらず、原則、労働者を一人でも雇用するすべての事業主に義務付けられています。
派遣労働者であれば派遣元に義務付けられています。
したがって、業務災害や通勤災害にあった際には、労災保険の補償の請求が可能です。
派遣社員は原則、契約期間中の退職ができません。
派遣会社と結んだ契約で契約期間が明示されているため、その契約を交わした以上、契約期間を無視することは認められません。
ただし、やむを得ない理由がある場合のみ、契約期間途中で退職することができます。(民法628条)

Oshigoto House

株式会社JoB-up
〒120-0034
東京都足立区千住2-51 丸岡ビル 1階

©Oshigoto House All Rights Reserved.

Oshigoto House

株式会社JoB-up
〒120-0034
東京都足立区千住2-51 丸岡ビル 1階

©Oshigoto House All Rights Reserved.

お問い合わせ先電話番号

0120-938-159